東北地方太平洋沖地震及びその前震・余震で観測された東京湾岸の長周期地震動

東海地震の予測波形と今回観測された地震動による応答スペクトルを比較すると予測地震動の方が大きい。駿河トラフ、南海トラフの巨大地震発生時には東京湾岸は、より強い長周期地震動に襲われる可能性があることを意識するべきである。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
植竹 富一 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.12, No.5 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)