東北地方太平洋沖地震による帰宅困難者の移動開始時刻に関する分析

今後発生することが想定されている首都直下地震時には、帰宅困難者を安全に目的地まで誘導することが必要であり、そのためには、首都圏全体の交通システムの復帰のあり方を検討することが必要と考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
高田 和幸 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
帰宅困難者 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.12, No.5 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL