東北地方太平洋沖地震における津波越流に対する土構造物の安定性

発生確率の低い大津波に対応した土構造物の設計には、本研究で得られた知見に加えて、形状や竣工後の損傷、経時変化などに着目した要因分析も必要であると言える。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山中 稔 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
防災計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.12, No.5 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)