東北地方太平洋沖地震における津波越流に対する土構造物の安定性

廃タイヤで盛土が被覆された越喜来地区の擁壁は、背面盛土が表層部を除き緩いにも関わらず目立った被害を受けていない。これは、柔軟性を有する廃タイヤの振動吸収効果により地表面の地震動が減衰し背面盛土のすべりや表層崩壊を防ぐとともに、タイヤ材そのものが有するクッション効果により、津波の押し波や引き波に対しても廃タイヤが盛土のり尻部の津波洗掘を抑制したことが考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山中 稔 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
防災計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.12, No.5 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)