東日本大震災における首都圏超高層建築における被害調査と震度アンケート調査

高層建物についても室内被害などを示す指標として震度を用いて検討を行ってきたが、震度計算で用いるフィルターや対象とする建物規模について異なることから、必ずしも震度での議論が有効とは言えないが、実際には高層階でも大きな揺れを観測し、被害も発生していることから、今後、高層階の被害に関する何らかの指標が必要となると考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
久保 智弘 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
地震動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.12, No.5 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)