東日本大震災における首都圏超高層建築における被害調査と震度アンケート調査

オフィスとして利用している超高層建築を対象にアンケート震度調査を行う際には、一般住居とは家具の固定状況やフロアーの利用方法が異なることから、得られる回答についてこれまでの震度係数を補正する必要があることが分かった。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
久保 智弘 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
建物被害 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.12, No.5 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)