損傷スペクトルを用いた耐震性能評価手法の開発と検証-東日本大震災の被害調査を通じて-

新耐震基準で設計された建物に関しては、適切な余剰強度係数を算出し、それを用いて降伏強度を設定して損傷スペクトルを作成することにより、実被害状況を精度良く推定可能である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
西尾 淳 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
耐震化 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.12, No.4 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)