2011 年東北地方太平洋沖地震における仙台市域の地盤震動特性

既存の地下構造モデルによる理論伝達関数との比較を行った結果、この場所による相違は概ね既存の地下構造モデルで説明できる
が、短周期では盛土部のモデルの見直しが必要と思われること、長周期では南部の後続表面波の説明が不十分であることがわかった。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
大野 晋 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
液状化 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.12, No.4 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)