地震動シミュレーションから得られる海底地盤の鉛直変位を用いた津波シミュレーション

津波シミュレーションによる津波波形の振幅や山・谷の現れる時刻は、GPS波浪計の観測記録に良く対応している。ただし、宮城県沖の観測記録と比べて本津波シミュレーションの結果は第一波の波高は小さい。これは震源付近の最大すべり量が小さいためと考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
秋山 伸一 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
防災計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.12, No.4 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)