地震動シミュレーションから得られる海底地盤の鉛直変位を用いた津波シミュレーション

地震動シミュレーションから得られる鉛直変位の時間変化は断層運動に従って現れる。すなわち、地震発生直後は宮城県沖の震源付近を中心に大きな隆起と沈下が発生する。その後、隆起領域は福島県から茨城県沖に南下し、最後に断層運動の終了に伴い変化が収まり、永久変位が残る。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
秋山 伸一 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
地震動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.12, No.4 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)