東日本大震災による鉄道事業者の地震リスク移転に関する財務影響度評価

地震リスクへの対応策の導入による費用対効果は、導入費用と地震発生後の企業価値の毀損の減少度合いを比較により測定が可能となること、及び、地震リスクの移転は、地震発生後の企業価値を保つ効果があるが、リスク移転効果を持続させるためには、受取保険金を収益獲得のための新たな投資に振向けることが必要であることを確認した。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山田 秀樹 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
リスクマネジメント 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.12, No.4 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)