東北地方太平洋沖地震における首都圏の帰宅困難者の特性に関する分析

具体的には、地域危険度を考慮した徒歩帰宅者の誘導ルートを検討、公共施設と周辺住民、事業者等で連携した受入れ体制のモデル検討、夜間、休日の発災時において病院職員が不足する場合の徒歩帰宅者対応の在り方(病院は入院患者対応、徒歩帰宅者は屋外の救護所での対応を原則とする、等)の検討、すでに「帰宅支援ステーション」等として位置づけられているコンビニやガソリンスタンド、ファミレス等における、災害時の徒歩帰宅者の応急治療の準備の可能性の検討などが考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
藤生 慎 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 行政 
カテゴリ:
木造住宅 避難所 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.12, No.4 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)