千葉県浦安市の液状化現象の発生状況調査

模型実験より、液状化発生箇所と地下水位には関係があり、噴水や噴砂の発生時間には地下水位が影響していることが確認された。実際の噴水の発生した時間は、地震直後~10 分後程度であり実験から得られた噴水発生時間よりはるかに短い。従って、実地盤では表層不飽和部の非液状化地盤内に水道となるようなクラックが形成され、そこから噴水や噴砂が噴出したと推察される。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
石川 敬祐 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
液状化 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.12, No.4 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)