被害状況調査の収集によるプレキャスト建築物の被災の傾向

プレキャスト耐震補強については、補強しなかった方向の部材の損傷により中破と判断されたケースもあったが、補強した構面方向については概ね目立った損傷はなく、所期の補強効果が得られていたと考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
飯塚 正義 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
耐震化 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.12, No.4 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)