2011 年東北地方太平洋沖地震で被災した既存RC 造建物の地震被害と耐震診断結果

コンクリートブロック造壁が存在する場合は剛域を適切に考慮して柱の内法高さを小さくすることにより実被害と耐震診断結果が対応することを明らかにした。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
佐野 貴之 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
耐震化 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.12, No.4 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)