2011年東北地方太平洋沖地震前後のTerraSAR-X強度画像を用いた地殻変動の検出

本研究では2時期画像の位置合わせは衛星の軌道情報のみに依存しており、この非常に小さい誤差は、TSXのEEC画像における高い位置精度が要因と考えられる。したがって提案する手法は、無被害の堅牢な建物が存在する地域の地殻変動を含む大規模な地盤変位の把握に有効なものと考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
リュウ ウェン 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
衛星画像 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.12, No.4 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)