2004 年新潟県中越地震の特性化震源モデルと経験的サイト増幅・位相特性を考慮した強震動シミュレーション

対象地点で観測された余震記録を用いた波形合成を実施することで,他の位相特性を用いた場合と比較して,構造物の非線形応答をより適切に再現出来ることを示した.つまり設計地震動を作成する際に用いる位相特性として,過去の他地点での強震記録等を用いるよりも,対象とする地点の位相特性を用いることで,より地点の地震動特性を反映させた地震動となることが期待される.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
坂井 公俊 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.11, No.3 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
新潟県中越地震 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)