2004 年新潟県中越地震の特性化震源モデルと経験的サイト増幅・位相特性を考慮した強震動シミュレーション

本地震における大きな特徴であるNIG019の大速度パルスの生成要因について検討を行うために,アスペリティの大きさを変化させた複数のパラメータスタディーを実施した.その結果,震源近傍の2つの小さな領域が今回の大速度の要因であることを明らかにした.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
坂井 公俊 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.11, No.3 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
新潟県中越地震 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)