地震時の鉄道運休時間の推定方法

被害率と運休時間のばらつきの要因としては、地震発生地域の地形的特徴、被害の程度、路線の利用度や特殊性などが挙げられる。現状ではデータが不足しているため、今後さらにデータを充実させ、これらを考慮できる推定方法が構築できれば、より精度が向上すると期待される。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
高浜 勉 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
災害情報 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.11, No.2 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
新潟県中越地震 阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)