効率的な被害情報収集と活用の提案とその実証

本研究を通して、ハイテクとローテクをうまく組み合わせ、住民と公的機関とが情報を共有するしくみをもつことが、今後の情報収集、ひいては迅速・適切な応急対応活動の遂行に極めて重要であることが確認できたことは極めて大きな成果であり、我々は情報収集等に係る一つのあるべき姿を提案できたと言える。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
座間信作 
フェーズ:
直後・初動期 応急復旧期 
対象:
住民 行政 
カテゴリ:
情報伝達 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.9, No.2 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)