効率的な被害情報収集と活用の提案とその実証

いずれの地域でも、密なコミュニティーが成立していることが大きな成果を得る原動力となっていることを忘れてはならない。更に、自ら収集した情報が自らを救う情報となってフィードバックされることを住民の方々は気付かれたようであった。このことはもっと強調してよいことである。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
座間信作 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
住民 
カテゴリ:
防災施設 コミュニティ 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.9, No.2 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)