携帯電話を用いた災害時の情報収集システムの開発

災害、特に地震災害時には、通信の輻輳が懸念されるが、そのような状況下においても、携帯電話が情報収集の手段として利用できれば、その普及率、操作習熟度等から判断して極めて有効なツールとなりうる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
鄭炳表 
フェーズ:
直後・初動期 応急復旧期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
情報収集 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.9, No.2 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
新潟県中越地震 阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)