火災延焼による人的被害波及と水道消火栓機能

地震火災に対して被害を最小限に留めるためには、消防体制の増強と消防水利の確保が重要であると考えられる。可能な限りの消防体制と地震時の火災に対して機能を失うことのない消防用水利というものが重要となってくる。地震火災に対してバックアップ的に有効な消防水利である消火栓が使用できなくなることは致命的であり、地震時においても消防水利としての機能を失うことのない水道の構築が、地震時の火災被害を最小限に留める上で重要な課題であると言える。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
高田至郎 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
防災計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.5, No.2 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)