地震災害の多様性に鑑み、災害防止対策実施に当たり、最優先的に採り上げられるべき災害項目の重要性、緊急性の検討

我国の現状に照らし最適な津波対策としては、津波来襲の恐れのある海岸に建てられる全ての家屋を、津波で浮上流出する木造家屋を排して、津波の来襲に対抗できる鉄筋コンクリート造家屋に建替える、之以外には方法は無いと考えられる

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
表俊一郎 
フェーズ:
直後・初動期 応急復旧期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
木造住宅 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.2, No.2 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)