地震災害の多様性に鑑み、災害防止対策実施に当たり、最優先的に採り上げられるべき災害項目の重要性、緊急性の検討

しかし何と云っても本命は地方自治体にその重要性と必要性とを認識させて、本格的都市計画を実施し、木造密集地域に鉄筋、鉄骨の集合住宅の大団地を実現させる等の大変貌が出現する目覚しい変革がなされなくてはならないであろうが、之に付いては次節で詳述することとしたい。しかし地震火災を防圧できる方策はこの他にもたくさん考えられる。本命となるべきものは消防庁の消防能力の向上強化である。之は地震火災防圧の本道であり、現に我国の消防本庁を初め全ての出先消防署は日夜大努力を傾けて地震時の消防能力強化向上を目指して大努力を続けておられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
表俊一郎 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
復興計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.2, No.2 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)