地震災害の多様性に鑑み、災害防止対策実施に当たり、最優先的に採り上げられるべき災害項目の重要性、緊急性の検討

地震火災を防圧するために真に実行の可能性を持つ適切な案を探しださなくてはならない。幸いなことに最近色々便利なものが開発されているので、それ等を上手に借用することが先ず考えられる。不燃材叉は超難燃剤塗料を家屋外壁に充分塗布して、火災が迫ってきても簡単には貰い火をしない家屋群で街を防衛する対策を講じること。不燃塗料、超難燃塗料の材質が近年急速に向上しているので、この方法は既に実行期にはいっているが、塗料の有効力の強化と共に、塗料費用の低廉化、塗料塗り替え頻度の省エネ化等改善を望まれている問題が急速に進展することが期待されている。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
表俊一郎 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
耐震化 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.2, No.2 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)