地震災害の多様性に鑑み、災害防止対策実施に当たり、最優先的に採り上げられるべき災害項目の重要性、緊急性の検討

地震の時には容易に倒壊して人命災害の元凶となるこれら木造密集地域全体を取り払う一大都市計画が実行される事こそが、まず第一に必要であると云うべきである。このような木造密集地域の脆弱な木造家屋を取り払ってその跡に高齢者、生活弱者、貧困者等を充分に考慮した1DK叉は2DKの高層の集合住宅群を建築し、同時に緑の公園、公共空地、広域道路計画を実施できる空間を生み出そうとする計画は、地震前に計画実施されれば最上であろうが、地震直後の復興計画に絡めて実施されても充分に有効であると考えられるので、地方自治体などでは、予め計画をたてておいて機会を狙っていると云う情勢が生まれてこないものかなと期待している。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
表俊一郎 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
住民 
カテゴリ:
都市計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.2, No.2 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)